リアホーム住まいの窓口

ブログ

石岡市・八郷盆地の「斜面温暖帯」の実態とは?

更新日 : 2021.03.07
イメージ

 
こんにちは(^_^)
リアホーム・住まいの窓口
植物担当の鳥飼です。

今回も前回に引き続き、
リアホームの
専任住宅アドバイザーである
東ヶ崎お勧めの
筑波山麓の移住候補地、
石岡市の八郷盆地について
お話しさせて頂きます。
 
筑波山麓に
みかんの果樹園があるとは、
本当に驚きました。
その理由も、ざっくりとですが
わかってきました。
 

イメージ

筑波山麓の
斜面温暖帯に関する研究は
古くから行われているそうで、
上の図は何と、
今から70年も前の1950年代、
約3年にわたり、
当時の農林省が
気象庁の水戸測候所などと協力して
観測したデータを
図化したものです。

1月の最低気温の月平均値が
筑波山の標高と共に
記されています。
 
筑波山を挟んで右側が
八郷盆地(柿岡盆地)、
左側が関東平野(桜川市)です。

イメージ

ピンク色の部分が、
筑波山の東西と南の斜面で
最も温かい、−1℃のエリアです。

つまり、当時の筑波山麓の
斜面温暖帯の中で、
最も標高の高いエリア
ということになります。

筑波山の山頂付近と、
八郷盆地の平野部の
平均気温が同じ−4℃というのも
とても不思議な感じがしますね。

イメージ

純粋に、気温減率だけを考えると
877m✕0.65=約6℃、
盆地の平野部より山頂の気温は
低くなる計算なのですが。
これぞ、斜面温暖帯の仕業!

イメージ

更に、筑波山麓の東西で
斜面温暖帯の標高に
違いがあるのが
興味深いです。

東側、つまり八郷盆地側は
斜面温暖帯が平野部から
標高約200mまでの間に
ぎゅっと濃縮されています。
そして、十三塚果樹団地は
この斜面温暖帯の中に
すっぽりと入っています。

八郷盆地の平野部から
ほんの100m程度、
標高の高いところに来ただけで
最低気温が3℃も上がるとは。
 

イメージ

 
また別の学術論文によると、
2007年2月21日から22日にかけて
気温の調査を行った結果、
八郷盆地の平野部(標高25m地点)と、
十三塚果樹団地のある
標高100m地点とでは
22日午前5時半頃には
約3℃の気温差があり、
午前8時半頃には約5℃の
気温差が生じていたそうです。
 
十三塚果樹団地は
筑波山の東側斜面であるため
朝日を全面に浴びて
日の出後に気温が上昇し、
八郷盆地の平野部には
冷気湖が留まっていたので
日の出後の気温差が
大きくなったのでしょう。
 

イメージ

 
八郷盆地の端に位置しながら、
温暖な冬を迎えられる
十三塚果樹団地。

実際に足を運んでみました。
続きはまた次回に!
 

イメージ

  
美しい里山の風景が広がる
石岡市の八郷盆地。
「にほんの里100選」にも
選ばれています。

そして、石岡市の他にも
つくば市や土浦市など、
筑波山を望む自然豊かなエリアは
まだまだたくさんあります。

そんな筑波山麓エリアに
移住したい、
マイホームを建てたい!
はたまた、新築ではなく
空き家をリフォームして住みたい!
と思ったら、
まずはリアホームに
お気軽にご相談くたさい。

20年の実務経験を持つ、
住宅アドバイザー・東ヶ崎が
マイホームづくりの
ノウハウ伝授よりも
まず先に、
「自分が本当に建てたい家」を
カウンセリングスタイルで
お客様と一緒に見つけていきます。

理想のマイホームを
一緒に作っていきましょう。
私も楽しみながら
移住計画を進めていきたいと思います!
 

Recent posts

  • 牛久市 防音室

    牛久市 防音室

  • つくば市 物置

    つくば市 物置

  • つくば市で担当者任せのマイホーム

    つくば市で担当者任せの...

  • 龍ヶ崎市 新築なのにリフォームローン

    龍ヶ崎市 新築なのにリ...

Archives