リアホーム住まいの窓口

ブログ

石岡市・八郷盆地の斜面地を温める「断熱圧縮」

更新日 : 2021.03.06
イメージ


こんにちは(^_^)
リアホーム・植物担当の鳥飼です。

今回も前回に引き続き、
リアホームの
専任住宅アドバイザーである
東ヶ崎お勧めの
筑波山麓の移住候補地、
石岡市の八郷盆地について
お話しさせて頂きます。

冷気流によって、
八郷盆地の平野部に
冷たい空気が運び去られた後、
十三塚果樹団地には一体
どんな空気が存在しているのか? 
(「真空状態」では
いられないですものね。)

イメージ


そこにはやはり、上空から
補完する空気が
流れ込んできます。

この「補償流」が発生する際、
空気が圧縮され、
気温が上昇するそうです。

「断熱圧縮」と呼ばれる
この現象のおかげで、
十三塚果樹団地の気温は
八郷盆地の平野部より
高く保たれているのです。

イメージ


放射冷却によって生まれる
逆転層、そして
筑波山麓の斜面が生み出す
冷気流。

更に、八郷盆地の
平野部に流れ込んだ
冷気流を補うために
上空の空気が圧縮されて
温かい状態で補完される。

八郷盆地と筑波山が生み出した、
絶妙な気象現象です。

イメージ


そしてやはり、
体感的に昔の人々は
斜面温暖帯の存在を
わかっていて、
それを生業に生かし、
みかん栽培を行ってきたことが
一番、すごい。

ネットで調べていると、
十三塚果樹団地のある
石岡市小幡には、
樹齢250年の
福来みかんの木があるそうです。

https://mizukusa-kasumigaura.blogspot.com/2010/02/citrus_11.html
 

イメージ

 
江戸時代中期に植えられた、
福来みかんの木。
当時の冬は、
今よりも気温が低かったことでしょう。
十三塚果樹団地はずっと、
斜面温暖帯の温かい空気に守られて
きたのですね…しみじみ。
 

イメージ

 
筑波山の懐に抱かれた
石岡市・八郷盆地。

その他、
自然豊かなつくば市や土浦市、
桜川市、かすみがうら市などの
筑波山麓エリアに移住したい!
マイホームを建てたい!
空き家をリフォームしたい!
と思ったら、
まずはリアホームに
お気軽にご相談くたさい。

20年の実務経験を持つ、
住まいの窓口専属の
アドバイザー・東ヶ崎が
「本当に建てたい家」を
カウンセリングスタイルで
お客様と一緒に見つけていきます。

理想のマイホームを
一緒に作っていきましょう。
私も楽しみながら
移住計画を進めていきたいと思います!
 

Recent posts

  • 龍ケ崎市・空家バンク

    龍ケ崎市・空家バンク

  • 増築リフォーム予算は?牛久市リアホーム住まいの窓口へ相談

    増築リフォーム予算は?...

  • 建ぺい率とは?増築リフォーム相談牛久市リアホーム

    建ぺい率とは?増築リフ...

  • 石岡市・八郷盆地の開かれたコミュニティスペース

    石岡市・八郷盆地の開か...

Archives