リアホーム住まいの窓口

ブログ

石岡市・筑波山麓の気候が温暖な理由は「放射冷却」?

更新日 : 2021.03.03

十三塚果樹団地が暖かい理由は「放射冷却」の影響?

イメージ

 
こんにちは(^_^)
リアホーム・住まいの窓口
植物担当の鳥飼です。

今回も前回に引き続き、
リアホームの
専任住宅アドバイザーである
東ヶ崎お勧めの移住候補地、
石岡市柿岡の
八郷盆地について
お話しさせて頂きます。


気温逓減率(気温減率)以外の
気象現象が作用して、
八郷盆地の気温の逆転が
起こっているようです。
 

イメージ

 
その現象は、「放射冷却」
寒い時期の天気予報などで
よく耳にしますよね。

日中、太陽光線を受けて
温められている八郷盆地の地面は、
同時に目に見えない「赤外線」を
宇宙空間に放出しています。

放出している熱(赤外線)より、
太陽から受けている熱
(太陽光線)が強いので、
盆地の地面は日中、温かい状態です。
 

イメージ

 
日没後、太陽光線がなくなっても
盆地は赤外線を放出し続け、
地面は冷えていきます。

これが「放射冷却」です。
 

イメージ

 
夜間、地面が冷えていく際に
上空に雲がかかっていると、
盆地に「ふた」を被せられた状態となり、
あまり熱が宇宙に逃げていきません。 

一方、快晴で風も弱く、
空気の乾いた夜間などは
放射冷却の影響で
八郷盆地の気温は大きく下がります。

風がないと、
盆地の地表から逃げていく熱が
上空の空気と撹拌されることなく、
地表の空気が冷たいまま留まります。


また、空気中の水蒸気は
雲と同じ「ふた」の役割を果たすため、
湿度が高いと、
盆地の熱は逃げにくくなります。 
 

イメージ

 
では、この放射冷却現象と
前回お話しさせて頂いた
「気温逓減率(気温減率)」が
八郷盆地の果樹園に
どのような影響を与えているのか。

続きは次回に!
 

イメージ

 
筑波連山に三方を囲まれ、
どこか懐かしい里山の風景が残る
石岡市の八郷盆地。

他にも、つくば市や土浦市、
かすみがうら市、桜川市など、
筑波山を望む自然豊かなエリアは
たくさんあります。

筑波山麓エリアに移住したい!
マイホームを建てたい!
と思ったら、
まずはリアホームに
お気軽にご相談くたさい。

20年の実務経験を持つ、
住宅アドバイザー・東ヶ崎が
マイホームづくりの
ノウハウ伝授よりも
まず先に、
「自分が本当に建てたい家」を
カウンセリングスタイルで
お客様と一緒に見つけていきます。


候補に挙がった建築会社との
初回打合せには、
お客様と一緒に東ヶ崎が参加して、
お客様の住まいづくりに対する思いを
的確に、担当者の方に伝える
お手伝いをさせて頂きます。

せっかく自分の中で
建てたいマイホームの
イメージがあっても、
初めてのハウスメーカーさんとの
打ち合わせは
やはり緊張しがちですよね。
東ヶ崎はその点、百戦錬磨(^_^)
お客様には
安心して打ち合わせに
参加頂けると思います。

理想のマイホームを
一緒に作っていきましょう。
私も楽しみながら
移住計画を進めていきたいと思います!
 

Recent posts

  • 牛久市 防音室

    牛久市 防音室

  • つくば市 物置

    つくば市 物置

  • つくば市で担当者任せのマイホーム

    つくば市で担当者任せの...

  • 龍ヶ崎市 新築なのにリフォームローン

    龍ヶ崎市 新築なのにリ...

Archives