リアホーム住まいの窓口

ブログ

つくば市の里山・筑波山麓の豊かな自然に囲まれて暮らしたい!40代からの筑波山麓移住計画

更新日 : 2020.12.12

「里山に住まう」ということ

イメージ

 
こんにちは(^_^)
リアホームの植物担当、鳥飼です。

今回も「筑波山麓移住計画」の
お話をさせて頂きます。

住む場所を決める際のポイントは、
本当に人それぞれですよね。

「筑波山のシルエットが
日常的に眺められる場所に住みたい」

現時点では、
移住先を決めるポイントとして、
わたしの中でこの項目はかなり重要です。
 

イメージ

 
これと同じくらい、
私の中で重要なポイントがあります。

「自然が豊かなエリアに住みたい」です。

いくら筑波山のシルエットが
美しく見渡せる場所でも、
つくば市内の住宅密集地に住むのは、
ちょっときつい‥
あくまで私個人の感覚ですが。
 

イメージ

 
では、
森や林のど真ん中に住みたいのか
と聞かれたら、
答えはNO、というか無理。

森や林の「縁」と言いますか、
「端っこ」、いわゆる「里山」が理想です。


森の中で
自給自足のサバイバル生活を送る
知恵も体力も気力も、私にはありません。

長い時間をかけて
私たちの祖先はこつこつと森を切り拓き、
田畑や用水路、作業道を整備して、
いわば「ガチの自然」を、
人間寄りに、住みやすく、
暮らしやすく作り変えてきました。

その整備されたインフラや住環境に、
ひととき住まわせてほしい、
そのような感じです。
 

イメージ

 
里山の自然豊かな環境で
有機野菜を育てたい、
鶏を放し飼いして
平飼いたまごを産ませたい
…などという願望もなく。

私の場合は、自然がある程度、
人間にとって住みやすく
整備された場所で暮らしたい、
ただそれだけです。
 

イメージ

 
しかし。
里山の環境は、
放置すればあっという間にワイルドな、
人間にとって住みにくい環境に
変化していきます。

それを地域のコミュニティが
継続的に手を入れて
メンテナンスを行ってきました。

その里山に住まう以上、
コミュニティの一員として
共同で行う必要のあるメンテナンスには
参加するつもりです。
自分の体が動く限りは。

そのような「必要最低限の覚悟」も、
特に自然が豊かなエリアに移住を考える際には
重要だと思います。
 

イメージ

 
私は20代の殆どを、
夜の屋外はイノシシが主役になる感じの田舎
(伝わりますかね?)
で過ごしたので、
自然に手を加え続けなければ
すぐに人間の住環境が快適でなくなることは
感覚的に理解しています(^_^)


つくば市に移住したい、
マイホームを建てたい!と思ったら、
まずはリアホームに
お気軽にご相談くたさい。

約20年の実務経験を持つ、
お客様専属のアドバイザーが
「本当に欲しい家」を
カウンセリングスタイルで
一緒に見つけていきます。

建築会社との初回打合せにも
アドバイザーが同席するので安心です(^_^)

理想のマイホームを
一緒に作っていきましょう。
私も楽しみながら
移住計画を進めていきたいと思います!

Recent posts

  • 龍ケ崎市・空家バンク

    龍ケ崎市・空家バンク

  • 増築リフォーム予算は?牛久市リアホーム住まいの窓口へ相談

    増築リフォーム予算は?...

  • 建ぺい率とは?増築リフォーム相談牛久市リアホーム

    建ぺい率とは?増築リフ...

  • 石岡市・八郷盆地の開かれたコミュニティスペース

    石岡市・八郷盆地の開か...

Archives